【フリーランス】誰でもできる!開業届の手続き、全工程すべて解説します!

フリーランス 開業届 フリーランス

こんにちは、なっちる先生(@nacchi_jagariko)です。

現在フリーランスとして働いています。

先日、以下のツイートをしました。

開業届が届きました〜🙌
意外に開業届の出し方等知らない人いるようなので、
ブログの記事にでもしてシェアしたいと思いまするぅ〜

無事に開業が完了しました!

ということで、今回は、開業届の作り方・出し方・必要なものまで開業に必要なことをすべて解説していきます!

この記事は以下のような人向けです。

開業ってどうすればいいの?

では、参りましょう〜。

 

スポンサーリンク

全工程は3ステップ!

細かく解説する前に、全体像を言っておくと、以下の3ステップ(4ステップ?)です。

  1. 開業freeeで開業届を作成
  2. コンビニなどで開業届をコピー
  3. 開業届を税務署に提出
  4. (開業届の控えが届く)

分厚い冊子のたばを提出しなければいけないイメージがある方もいるかもしれませんが、工程としてはとっても簡単です!

Web上で簡単に開業できるんじゃないの?

という思っていたかもしれませんが、「Web上で簡単に開業届が作成できる」が正しいですので、ご注意を!

準備するもの

工程ごとの具体的な説明に入る前に、準備しておくべきものがありますので言及しておきます。

準備するものの一覧は以下の3アイテムです。

  • コピー代
  • 封筒
  • 切手

※どこかのサイトで、身元証明書(パスポート・住民票・運転免許証など)の写しが必要と目にしましたが、必要なかったです。

以下で詳しく説明します。

コピー代

開業freeeで開業届を作成でし終えた後に、開業届をコピーする必要があります。

コピー枚数としては5枚前後なので、100円ほどかかる計算になります。

封筒

封筒は、送信用・返信用の2つが必要になります。

サイズとしては、書類が入ればなんでも大丈夫ですが、A4サイズがまるまる入る角形2号を準備するのが無難でしょう。

こういう封筒です↓

コンビニでも普通に売っていますので、コピーするときに一緒に買ってしまえばいいですね。

切手

封筒につける切手も必要になります。

角形2号で言うと、1封筒につき120円なので2封筒で、240円分の切手が必要になります。

※正しくは「50g以内の1封筒につき120円」ですが、まず開業届の提出に50g以上もしないので120円で大丈夫です。

開業freeeで開業届を作成

では、早速、開業届を作っていきましょう!

開業freeeにて無料で作れるので、まずは開業freeeのサイトにアクセスしてください。

「今すぐ開業準備を始める」をクリックします。

言われるがままにアカウントを作成します。

画面の指示にそって、開業に関するデータを入力して、「準備・作成」まで進んでください。

「提出」の画面にたどり着いたら、「①書類の提出先を選択しましょう」にて、提出先を選択します。

どこに提出すればいいかわからない。。

という方も、住所から自動で提出先が出てくるので安心を!

「②書類を確認しましょう」にて、「書類を確認する」のボタンをクリックします。

ボタンをクリックすると、開業届のpdfデータが出てくるので、そちらをダウンロードします。

ダウンロードした開業届はコンビニなどでコピーしてください。

※ダウンロードしたものは、表紙も控えもすべてコピーしてください。

これで、70%は完了だね!

開業届を提出

では、最後の仕上げをしていきましょう〜!

コピーしたものに書いてある通りにやっていきます。

まずは2枚目以降の開業届に、マイナンバーと捺印をして開業届を完成させましょう。

次に、1枚目の「宛先(郵送先)+差出人」の部分を切り取って、切り取った紙と切手を、封筒に貼り付けます。

(切り取り部分↑)

(紙と切手を貼り付けた後↑)

控えの返信用の封筒にも、切手を貼り付けて、自分の住所を記入します。

↑左から順に「送信用封筒・返信用封筒・開業届」です。

ちなみに、なっちる先生は以下のようなメモとともに、開業届をクリアファイルに入れました。

あとは、返信用封筒と開業届を入れた送信用封筒をポストに投函すれば完了です!

あとは返信を待つだけなり!!

控えの返信が到着!

返信の封筒が届いたら、晴れて開業完了です〜!

やったね!!!

税務署からの返信は、だいたい1週間以内に届きます。

なっちる先生の場合は、金曜日の夜に出して、翌週の木曜日に届きました。(4営業日後)

 まとめ

開業の手続きについて話しました〜。

開業届はフリーランスになったら早急に出しましょう!

開業しないと、経費として換算できるものも経費としておとせなくなりますので。

節税対策については、無税入門がおすすめです。

損しないフリーランス生活を送りましょう!

以上で、なっちる先生の授業を終わります〜。

素敵な開業ライフを!

なっちる先生のLINE始めました!【エンジニア就職の無料相談承ります】

エンジニア就活頑張っている方を少しでもサポートできればと思い、LINEでエンジニア就職の無料相談始めました

スポンサーリンク
フリーランス
スポンサーリンク
なっちる先生をフォローする
なっちる先生
タイトルとURLをコピーしました