Who is “なっちる先生” ?

こんにちは、なっちる先生です。

以下自己紹介ですよ〜

改めまして「なっちる先生」です。(✏︎黒板カキカキ)

現在、フリーランスエンジニアとして活動しながら、世界をヘラヘラと周っています。

平成10年生まれの現在、若干21歳ですがこれまでの経歴・これからについて話していきたいと思いまする。

長崎県で生まれ、島で魚を狩って生活したり、結構活発な幼少期を過ごしました。

小学校はそろばんで九州第3位、中学校はソフトボールで県内2位、高校は生物化学部で全国大会出場、などなど、まぁ恵まれた実績(?)を積んできました。

まさに模範生だったんだな

学業もトップの方だったので、上を目指したいという気持ちが強く、京大を目指すことになったのです。
ここからある意味人生が始まったように思います。
スポンサーリンク

 なっちる先生、浪人生になる。

いきなりですが、なっちる先生は浪人生になりました。

結局!!!www

なっちる先生は見事、京大に落ち、京大にしか行きたくなかったので後期も私立も受けなかったため必然的に浪人生になったのですね〜

千葉に引っ越し浪人生活が始まりました。ここらへんから普通の人が通るようなレールから外れてきたように思います。

一回大学中退してやはり医者になりたいと浪人したり、東大出身で結婚して子どもがいる30代の人が医学部目指してたり、6浪もして医学部目指してたり。。

 

浪人時代で本当にいろんな生き方があるんだなぁって身をもって感じました。

この時に息抜きで見た『ジャングルブック』がきっかけで「映画監督になりたい、海外で活躍したい、留学したい」と思い始めました。
もう浪人辞めて留学しようかなという考えも巡りましたが、家族も周りもいろいろとサポートしてくれたし、最後まで頑張ろうということで、京大に絶対行ってやるという気持ちをそのままに、必死に、必死に勉強したのです。
京都で学生生活を絶対に送りたい!鴨川で読書したい!京都弁感じたい!学問に浸りたい!
の思いのまま試験当日を迎えたのでした。
迎えた合格発表の日、なっちる先生は、
京都大学に。。。落ちたのですねー!!!

このとき神は私に何をさせたいのかと思いましたね〜 Thanks God!

落ちた後すぐ留学の本を手に買いましたわ。。

スポンサーリンク

 なっちる先生、大学辞める。

結局、後期試験で受けた横浜国立大学に入学しました。

泣きながら後期試験を受けたのを今でも鮮明に覚えてますね〜。笑

一緒に頑張ってた浪人の友が、またもう一年頑張るって言っていたとき本当にすごいなぁと感じました。

みんなに遅れて1年後、ようやくなっちる先生は華の(?)大学生活を始めるようになったのです。

その時のツイートがこちら↓

鬱気味なっとるやん!w

面白いことに鬱気味になり学校にも行かず、一日カーテンを締めて、ホットケーキ一枚だけを食べて過ごす日々を過ごしていました。

その時自分を救ってくれたのは『フレンズ』だったのですねぇ。

全218話を1ヶ月半で観たのであった。。笑

DMM英会話で外国の人と話すこともとても救いでしたー。

「アメリカに留学に行きたい」「ここにいる意味がわからない」「映画を作りたい」

いろんな葛藤の中、家族のアメリカに少し言ってみたら?という後押しで、2週間ロサンゼルスとテキサスに留学先の下見という名の旅に言ったのでした。

そこで見たアメリカで「世界って広いんだ!」「日本を出たい!」という気持ちが強くなったのです。

日本に帰ってきて、なっちる先生は大学を辞めました。

正直、あと4年間も横浜で大学生活を続けるのは私にはできませんでした。

3ヶ月という短くて長い大学生活でした。

親不孝者はお前だー!

ま、すべて経験なのだぁ〜

すぐに恩返ししまするぞん

なぜか同級生から、「後悔してないの?」と聞かれることがありますが、今でも自分にとってこの判断は正しかったとしか思えませんのぉ。人それぞれ😇

スポンサーリンク

 なっちる先生、プログラマーになる。

さぁ、留学資金を貯めようということで、アルバイトをずっとしていたのですが(単発、飲食)、なにせなっちる先生は3日バイトを続けるのがやっとで、完全にバイトできない人間なのでした。

ずっとネックになっていたのが、留学中にどうやってお金を稼ぐかということ。

アメリカではワーホリ協定を結んでいないためアルバイトが規制されており、どうしようかどうしようかと考えていたのですねぇ。

もともと3DCGから派生してプログラミングをやってみたいと思っていたので、スキルを身につけながら留学費用を貯めようと「プログラマー」として働くことを決意致しました。

ということで就職活動が始まったのですが、蓋を開けるとさぁ大変、全然決まりません。w

そりゃあ完全初心者で大学中退者の19歳の女の子を雇ってくれるところなんて少ないでしょう。

プログラミングをドットインストールprogateで学びながら、2ヶ月ほど就職活動をしてもなかなか決まらず、母にも「もう諦めなよ」と言われていたときに、とあるベンチャー企業がなっちる先生を雇ってくれたのです。

パッション大切!そして感謝!!!

あんなに感謝の気持ちでいっぱいになり、道が開けた気分になったのはそうそうない経験でしょう。

第1社目:フロントサイド、サーバーサイドを学ぶ。

1社目のこの経験が本当に今にいろいろと生きていると思います。

ここではOJTでフロントサイドからサーバーサイドまで幅広く経験させていただきました。

今思えば自分で調べろ、現地で学べ的な教育方針で育児放棄感がありましたが、この教育が本当に自分に合っていた。。プログラマーに必要な「ググる力」が鍛えられたと思います。

インドネシア人の彼氏ができる。

就職して間も無く、無料占いで「イベントに行ったら運命の出会いがある。」と、言われたので行ったら、本当に運命の出会いが、まさかのふたりとも一目惚れですね。
インドネシア人の可愛い彼氏(あいす)ができました😌
ますます海外志向が強くなっていきます。
留学するという目標も忘れずに、交際を続けていきます。
当時、日本で留学生だったあいすは、卒業すると専攻を変えてまた学びたいと、オーストラリアに留学を決意したのでした。
交際6ヶ月後に遠距離恋愛が始まったのです。

借金70万:ネットワークビジネスに会う。

はい、ネットワークビジネス、いわゆるマルチ商法に出会いました。

社会人なら誰もが一度は経験するであろう、勧誘。

20歳になりたてで、何もそういうビジネスのことを知らないなっちる先生は、あいすがいなくなったことで時間ができ、何かビジネスを起こしたいと思っていたため、海外でもお金が入ってくる、というシステムに魅力を感じ、ネットワークビジネスを始めたのでした。

今となってはいい経験だねぇ〜

すべては留学のため、海外でも稼げるようにするため。。。

 

他の手段を知らなかったんですね〜。

これしかない、頑張れば報われる。

毎日終電で帰ってきて、寝るためだけに家に帰り、睡眠時間も4〜6時間(なっちる先生は8時間寝なければいけないロングスリーパーなのである。)のため、仕事もままならず、有給も消化しまくり、SES事業で他の会社に飛ばされたり、やりたいことができなかったりで、いろいろと限界でした。

もっと自由度の高い、フレックス制度のある会社で、フロントエンドに特化した会社に行こうと転職を決心しました。(ビジネス活動もやりやすくなる!と目を輝かせていましたねぇ)

👇以下1社目で身につけたスキル君たち。

『HTML, CSS, Javascript, jQuery, BootStrap, PHP, CakePHP, Java, SpringBoot, MySQL, Postgress, MovableType, コマンドプロンプト, Angular.js, Node.js…』

あまりいい退社の仕方ではなかったけれど、本当にいろいろ経験させていただきました。

感謝感謝ですね。

円満退社するべきだと学べました〜。

第2社目:ディレクション、デザインを学ぶ。

いきなり会社を辞めてしまったので、すぐに会社が決まることなく。。

転職活動なめてましたね。

フリーランス案件を取ろうとしても経験年数から却下されたり。。

もうパッションしかない!と、「フレックス、フロントエンド」で仕事を探していたのです。

必死の転職活動の末、「Webディレクター」としてフレックス制の会社に入社させていただきました。

こちらの仕事は給料はあまりよくなかったけれど、コテコテの広告代理店の下請け、フロントエンドに特化した仕事、であり、デザインも学ばせていただいたのでいい経験になりました。

大手会社としか取引がなく、よい経験をさせていただきました。

ビジネスもまだ続けていたのですが、6ヶ月後に留学すると決めていたのに、気づいたら6ヶ月後には70万円の借金が。!!

半年後にタイトル取って毎月40万稼げるようになって留学に行く!と言っていた日々がいつのことやら。www

東京に引っ越したり、職のない時期が2ヶ月弱あったり、ビジネス活動に伴う費用などで気づいたらこんなに借金が貯まっていたのですねぇ。

言われることはすべてして、自己管理能力もなかったなっちる先生です。

「本当に人のためになっているのかわからない」「体力が限界」「もうビジネス的に人と関わりたくない」

と留学に行くと言いながら、留学への道も遠のき、どうすればいいかわからなくなってビジネスを辞めたのでした。

なんせ一番嫌だったのは自分をブランディングして、自分を憧させなければいけなかったこと。

ずっと双子の妹と話して、彼女がしてる投資を一緒にしょうとなったのでした。

借金50万:バイナリーオプションに会う。

出会ったのがバイナリーオプション、High&Lowです。

システム代に50万ちょっと。

なっちる先生は即断即決で買ったのでした。

借金70万も120万も変わらん!!w

結局これは2ヶ月もせずに辞めたのでした。

投資の世界にビジネスが存在するのはわかっていて、なんか伏線張られているのが本当に嫌だったんですねぇ。

マルチ、投資と経験して、手段だけにこだわってやりたいことがあるのにやっていないことに気づいたのです。

そういう手段を捨ててやりたいことをやるべきだと、そういう世界から足を完全に洗いました。

また、仕事の方はというと、「残業も普通で一人の作業量多いであろうに給料が低い」「もっと自由度をあげたい」「リモートワークになりたい」「クリエイティブなことがしたい」ともっと自由度が高く、クリエイティブな会社に転職することにしました。

映画監督になる夢はどこに行ったんでしょうね〜

いろいろな経験をして、自分がやりたいことは留学することではなく、「世界一周をする」「映画監督になる」ということだと感じ、優先順位的にまずは世界一周をすることなんだ!と気づいたのでした。

👇以下2社目で身につけたスキル君たち。

『Photoshop, Illustrator, Sass, Git操作, ディレクション』

どこの現場に行っても学べることはありますねぇ、ありがたい。

感謝感謝です。

第3社目:リモートワーク、フリーランスになる。

そして今現在、リモートワークの正社員と、外注を受けてフリーランスとして活動をしています。

長くなりましたが、これが現在に至るまでのなっちる先生の人生でした。

まだほやほや21歳ですが、少なくとも普通の21歳よりは経験してるでしょう。

知らない人から20代後半に間違えられるなっちる先生。www

プログラマーとしては、フロントエンド、サーバーサイド、デザインまで幅広く対応できます〜。

スポンサーリンク

 なっちる先生のこれから。

「世界一周」「映画監督」は絶対的な目標。

これからは動画とマーケティングを実践しながら学んでいきます。

もうプログラミングは一通りいろんな世界見れたかなぁと思うのでー、趣味程度でしたいですねぇ。

世界一周しながら立ち上げたいサービスもあるので、本質目標を忘れずに取り組んでいきますよぉー。

 

以上なっちる先生の自己紹介でした!

長々とご静聴ありがとうございました〜

質問・仕事の依頼等は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせくださいまし!

スポンサーリンク
なっちる先生をフォローする
なっちる先生
タイトルとURLをコピーしました