カンボジアはビザが必要!印刷は不要!【ビザ代行業者に注意】

カンボジアはビザが必要!印刷は必要!?【ビザ代行業者に注意】 東南アジア

こんにちは、ノマド生活を送っているなっちる先生(@nacchi_jagariko)です。

カンボジアに滞在したいという方、カンボジアはビザの取得が必要なこと知っていますか?

そして、ビザ代行業者から申請するととんでもない額になることを知っていますか?

ということで、今回は、カンボジアのビザ事情からビザの申請方法・実際の出入国の流れまで徹底的に解説してきます。

この記事は以下のような人向けです。

カンボジアに行きたいけどビザって必要なのかな?

ビザの申請ってどうするのかな?

実際の出入国ってどんな感じなのかな?

では、参りましょう。

スポンサーリンク

カンボジアはビザが必要!

端的に言って、カンボジアではどんな滞在でもどんな滞在日数でもビザが必要になります。

参考:ビザ申請 VISA ー 在日カンボジア大使館 ー

とりあえずビザが必要だ!

なお、カンボジアのビザについては、

  • 「観光査証(ビザ)」も「商用査証(ビザ)」も、査証発給日より3ヶ月間有効です。
  • 入国(Entry)は、査証の有効期間中1回限り(Single)です。
  • 入国後の滞在期限は1ヶ月までです。それ以上の滞在は現地での申請が必要です。

なのでお気をつけてください。

また、ビザ取得の条件としては、
  • パスポート有効期限がが6ケ月以上残存している(カンボジア入国日より)

になるので、こちらも気をつけておいてください。

カンボジアの申請方法は3つ!

カンボジアに行くのに、ビザが必要だというのはわかったと思いますが、気になるのはビザの申請方法ですよね。

カンボジアのビザを申請する方法は4つあって、

  • オンラインから申請
  • カンボジアに到着したときに申請
  • 日本国内のカンボジア大使館・領事館で申請する
  • ビザ代行業者から申請

になります。

注意点があるから以下ちゃんと読んでね!

そして、ビザの申請料金としては、

申請方法 料金
オンライン(e-VISA) 36USD(≒3,888円)
カンボジアで(アライバルビザ) 30USD(≒3,240円)
カンボジア大使館・領事館 4,000円ほど
ビザ代行業者 6,900〜10,000円以上まで

※1USD=108円で計算

もっともポピュラーで安い&簡単な申請方法が「オンラインからe-VISAを申請」する方法になります。

そして注意点ですが、e-VISA申請は絶対にカンボジア外務省公式サイトから申請するようにしましょう。

高いし、外務省が直接発行する観光ビザではないよ

「カンボジア ビザ」で調べたら一番上らへんに「カンボジアのe-VISA」というようなページが表示されますが、それらはビザ代理店の場合ばかりなのでご注意ください。

カンボジアのe-VISAは印刷はいらない!

e-VISAの場合について話すと、

出入国のために2部印刷しておきましょう!

という情報があったりしますが、結論、入国も出国も印刷は必要なかったです。(2019/7現在)

カンボジア入国時には、パスポートと税関申告書と携帯の中のPDFデータを出せば以下のようにホッチキスで税関申告書が留められて渡されます。

カンボジア ビザ

わたしが会った税関の方は、PDFデータを携帯で見せると快く対応してくれました。

しかし、旅のお供が会った税関の方は、PDFデータを見せたら舌打ちされてしぶしぶ通されるという流れでした。

とりあえず、PDFデータで大丈夫ね

そして、カンボジア出国時はパスポートを出して、ホッチキスで留められていたものが外されて完了です。

カンボジア ビザ

いざ、カンボジアへ!

以上、カンボジアのビザ事情について話しました。

とりあえず、カンボジアではビザが必要になるので、代行業者からは申請しないようにお気をつけください。

以上で、なっちる先生の授業を終わります。

素敵なカンボジアライフを〜!

参考

【ノマド】カンボジアでの1ヶ月の生活費や物価はどのくらい?
こんにちは、借金返済しながらノマド生活をしているなっちる先生(@nacchi_jagariko)です。 カンボジアにてノマドライフを送ってみたので、今回はカンボジアでの一ヶ月の生活費のリアルを話していきます。 この記事は以下のよ...
【海外ノマド必見】おすすめのクレジットカード4枚!【年会費無料】
こんにちは、海外でノマド生活を送っている、なっちる先生(@nacchi_jagariko)です。 海外生活では必須のクレジットカードですが、クレジットカードにもいろんな種類があって、どれがノマド生活で使えるかわからないですよね。 ...
スポンサーリンク
東南アジア
スポンサーリンク
なっちる先生をフォローする
なっちる先生
タイトルとURLをコピーしました