Kindleの選び方!ポイントを解説【何GB?広告いる?Wifiは?】

kindle その他

こんにちは、なっちる先生(@nacchi_jagariko)です。

電子書籍に完全移行してから早2年、電子書籍はもっぱらKindleを愛用しています。

Kindleは欲しい、だけどどういうポイントでKindleを選べばいいの!?

と思っている方いませんか?

わたし自身もKindleを初めて買う前、どれがいいのか迷っていました。

ということで、今回はKindleの選び方のポイントについて解説していきたいと思います。

この記事は、以下のような人向けです。

Kindleを選ぶときのポイントって何だろう。。。

では、参りましょう〜。

スポンサーリンク

Kindleを選ぶポイントは3点だけ!

Kindleを選ぶポイントとして以下の3点をおさえておけば大丈夫です。

  • 「広告」はあってもなくてもいい
  • 「Wifi」さえあれば良い
  • 「8GB以上」ならば安心

!?!?

これらのポイントについて、以下で詳しく話していきます。

Kindleの選び方①「広告」はあってもなくてもいい

Kindleは、「広告なし」と「広告あり」を選択することができます。

「広告なし」の方が数千円割高になります。

どちらを選ぶべきかと言うと、結論、

「どちらでもいい」

です。

適当な解答みたいになってしまって申し訳ないですが、本当にどちらでもいいです。

というのも、現在使っているKindleは「広告あり」ですが、なぜかついこの間まで「広告なし」を買ったつもりでいました。(広告に気づかなかったという意味でもあります。)

そのくらい広告が気になっていなかったので、広告あってもなくても大丈夫です。

どんだけwww

ただやはり、「広告なし」の方が、多少はさくさくKindleを使えるそうなので、そこらへんこだわりたい方は「広告なし」を選ぶと良いと思います。

Kindleの選び方②「Wifi」さえあれば良い

また、Kindleの接続方法として「Wifi」か「Wifi+無料4GB」かを選択できます。

結論を言うと、こちら「Wifi」で充分です。

「Wifi + 無料4GB」というのは、いつでもKindleとインターネットがつながっている状態という優れものになります。

しかし、インターネット接続が必要なのは、本をダウンロードするときだけになります。

そんなにダウンロードする場面多くないよね!

Kindleで行う大半の行為は「本を読むこと」なので、「Wifi」だけで充分です。

Kindleの選び方③「8GB」以上なら安心

そして、最後にKindleのメモリについての話ですが、「8GB」以上あれば安心です。

特筆しておくべきことですが、Kindleは途中で容量が不足してしまっても増量できません。

不足してしまった場合、対処法として、

  • Kindle内の本を削除する
  • 容量多いKindleに買い換える

くらいになってしまいます。

買い替えだけはしたくない!

Kindle内の本を削除したとしても、一度買ったものは復元できるのでそこまで怖がることではありませんが、容量が多いに越したことはありません。

8GBあれば安心です。

4GBでも割といけます。

わたし自身、4GBのKindleを使っており、49冊入っていますが、まだ容量不足で困ったことはありません。

4GBあなどれない!

しかし、一度買ったら容量が増やせないということを考慮すると8GB以上買っておいたほうが良いです。

といっても、現在は、私が買ったときである2年前の値段(14,280円)より安く、防水機能もプラスになった32GBのKindleがゲットできますからね。

なんだって!?

3つのポイントをおさえてKindleを選ぼう!

結論、どのようなポイントでKindleを選ぶべきかをまとめますと、

  • 「広告どっちでもいい」
  • 「Wifi」
  • 「容量8GB以上」

になります。

この3つのポイントをおさえてKindleを選んでいきましょう!

実際にKindleを使った正直な感想については、以下の記事で話しているので参考にしてみてください〜。

【レビュー】ミニマリストにはKindleが最強!
こんにちは、自称ミニマリストのなっちる先生(@nacchi_jagariko)です。 ミニマリストスペックとしては、こちら! なっちる先生。 感覚プログラミングとミニマリズムを推奨していますが、ミニマリストについてあまり発信し...

まとめ

以上、Kindleを選び方について話してきました〜。

Kindleも年々進化しており、いろんなバージョンアップしていますね!

実物を確認したい方は、家電量販店などに売っていないので、リサイクルショップを当たってみると実物をみることができます。

どんなものだか心配な方はぜひ足を運んでみることをおすすめします。

以上で、なっちる先生の授業を終わります。

素敵なKindleライフを〜!

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
なっちる先生をフォローする
なっちる先生
タイトルとURLをコピーしました